MRI検査を受診される方へ

MRI検査を受診される方へ

MRI検査とは

MRI(Magnetic Resonance Image:磁気共鳴画像)
MRI装置は中心に体の入る穴のあいた大きな磁石とお考えください。この大きな穴の中に体を入れて、それからFMラジオに用いられる電波を体に当てて、体の中の様子を画像化(写真)する検査です。
体のタテ、ヨコをはじめ任意の断面の鮮明な断層撮影が得られ、診断に大変役立つ検査です。

MRI検査の注意事項

次のような方は検査を受けられないことがあります。
必ず医師、スタッフに申し出てください。

① 心臓ペースメーカーや植え込み型除細動器(ICD)を埋め込んでいる方
② 人工内耳、人工中耳の方
③ 神経刺激装置を埋め込んでいる方
④ 血管内へのステント挿入手術を2カ月以内に受けられた方
⑤ 古い人工心臓弁の手術を受けられている方
⑥ チタン製以外の脳動脈瘤クリップが入っている方
⑦ 金属の義眼を装着の方
⑧ 躯幹全体に刺青のある方
⑨ 妊娠3カ月以内の方/妊娠している可能性のある方
詳しくは当院スタッフにご相談ください。

※心臓ペースメーカーについて、2012年10月1日より、MEDSIS社製の製品については使用基準を満たす施設の1.5T以下のMRI装置では検査可能となりました。

化粧品・カラーコンタクト・金属について

化粧品

化粧品には磁性体が含まれているもの(マスカラ、アイライン、アイシャドウ等)があり、検査画像に影響がでるだけでなく、目の粘膜等を傷つけたりすることがありますので、検査時には付けずに来院してください。
頭部、顔面の検査の場合にお化粧を落としていただくことがあります。

カラーコンタクト

カラーコンタクトレンズには材質的に金属が使われている場合がありますので、検査前には外していただきます。

金属について

金属を身につけていると画像が乱れて検査に支障をきたすだけでなく、MRI装置に金属が磁力で引っ張られ飛んだりして大変危険です。下着で金属ワイヤー等が入っているブラジャーやボディースーツは着用いただけません。

以下のものは検査室に持ち込み禁止です。

眼鏡、ピアス、イヤリング、ネックレス、ヘアピン、腕時計、鍵、入れ歯、磁気カード類、エレキバン、使い捨てカイロ、携帯電話

飲食制限

水分制限はございません。
造影検査および腹部領域の検査が予定されている場合には、約4時間前から食事制限をお願いいたします。
腹部、骨盤部MRI検査を受けられる方は、検査当日、鉄サプリメントおよび鉄剤を服用されないようにお願いいたします