MRI脳ドック

脳ドック(MRI検査)のご案内

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)は、生命を一瞬にして奪ったり、言語障害や麻痺などの重い後遺症をもたらすことも少なくありません。

これらの病気は「発症してから」の治療では遅く、「発症を防ぐための予防」が重要です。

MRI検査により、自覚症状のない脳梗塞(無症候性脳梗塞)をはじめ、未破裂動脈瘤、脳腫瘍、脳動静脈奇形、認知症などさまざまな脳の病気が発見されます。

なんらかの異常が発見されたとしても、すぐに進行・悪化する恐れのないものが多く、食事や運動などの生活習慣の改善を行なえば、特別な処置をしなくても病気の発症を回避することができるものも少なくありません。

高血圧、糖尿病、肥満、あるいは家族に脳卒中になった人が居るなどの危険因子がある人は、自分の脳の状態を知る貴重な機会です。これらに該当する人は、40歳を過ぎたら一度、脳ドックを受診してみてはいかがでしょうか?

霞クリニックでは

最新の高性能MRI装置を用いて、20分程度の短時間で高精度の撮影を行い、画像診断専門医師が診断を行います。

予約受付は随時行っています。お気軽にご相談下さい。

MRI(Magnetic Resonance Image:磁気共鳴画像) 装置は中心に体の入る穴のあいた大きな磁石とお考えください。この大きな穴の中に体を入れて、FMラジオに用いられる電波を体に当てて、体の中の様子を画像化(写真化)する検査です。
体のタテ、ヨコをはじめ任意の断面の鮮明な断層写真や血管の様子を見ることができ、診断に大変役立つ検査です。

苦痛はほとんどありませんので、安心して受けることができます。

MRI検査の注意事項

MRI検査室には磁力に引き寄せられる金属を持ち込むことはできません。

詳細は当院スタッフにご相談ください。

お問い合わせ

9:00〜18:00(土曜日は9:00〜14:00)
※日曜・祝日は休診

検診予約サイト

人間ドック予約の
ここカラダのサイトです。